管楽器専門店 カワウチ楽器(株)BANDPIT Kawauchi-musical instrument.

| サイトマップ | 会社概要 | お問い合わせ | 特定商取引表示 





組み立ての際に(演奏前)

ジョイント部のコルクにコルクグリスを少量塗り、まんべんなく指で伸ばしてから組み立てます。スティックタイプのものも指で伸ばしてから組み立てます。

※組み立ての際には、キイやリッププレートを握らないようご注意ください。

ヤマハ
・コルクグリス/コルクグリススティック
ジョイント部をよりスムーズにつなげる事ができます。軟らかさが2種類ありますのでお好みに合わせてお使いください。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




水分を取る(演奏中/後)

1.クリーニングロッドに先端が露出しないようにガーゼやインナークロスを巻き、巻いた方向にゆっくりと回して一度管内の水分をふき取ります。露出していると管内を傷つける恐れがありますので気をつけてください。
2.ペーパー又はパッドドライをタンポとトーンホールの間に挟み、キイを軽く何度か押さえてください。ペーパー等の当てる場所を変えて2〜3回繰り返してください。タンポに水滴が残ると音が出しにくくなったりベタつきの原因になるだけでなくタンポを痛める原因にもなります。
※頭部管の水分をふき取る際は反射板にクリーニングロッドの先端を激しくぶつけないようご注意ください。反射板の位置が変わったり曲がってしまう恐れがあります。
※クリーニングペーパー等をキイに挟んだまま引き抜かないようにしてください。破れてタンポに付着してしまったりタンポを傷める恐れがあります。
※ベタつきが気になる場合には調整に出してください。緊急時や調整に出せない場合はパウダーペーパーをお使いいただいてもかまいませんが、効果は一時的なもので、使いすぎると逆にパウダーがベタつきの原因になったり、タンポの消耗を早める場合がありますので適度な使用をおすすめします。またお使いの際にはペーパーの文字が印刷されている方がトーンホール側にくるようにあててください。

ヤマハ
・クリーニングロッド(ピッコロ用)
ヤマハ
・インナークロス(ピッコロ用)
ヤマハ
・ポリシングガーゼ(S)
管内の水分や汚れをふき取る際にガーゼ等を巻きつけて使用します。また、反射板の位置を確認する際に使用します。 管内の水分や汚れを取る時やジョイント部の汚れを拭く際に使用します。水分の吸収率が高く、汚れもよく取れます。洗濯しても性能は変わりません。 吸水性がよく管体内面の水分や汚れをきれいに取り除きます。

ヤマハ
・クリーニングペーパー
ギャラックス
・クリーンペーパー
BG
・パッドドライ Fl用
ヤマハ
・パウダーペーパー
タンポの水分や汚れなどを取り除き、タンポの寿命を延ばします。100枚入り。 ソフトな感触と優れた吸水性・吸油性がある特殊紙を使用しています。100枚入り。 特殊繊維の素材を、楽器それぞれの形に合わせたタンポ用シート。タンポの水分や汚れをふき取ります。何度でも洗って使えます。 タンポのべたつきやそれに伴う雑音を解消します。クリーニングペーパーとセットになった物もあります。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




グリスを取る(演奏後)

ジョイント部分のコルクについているグリスをクロスやガーゼでふき取ってください。

※ふき取らないでおくとホコリやゴミを吸い寄せてしまったり、ジョイントコルクを傷めてしまう場合があります。

ヤマハ
・インナークロス(ピッコロ用)
ヤマハ
・ポリシングガーゼ(S)
管内の水分や汚れを取る時やジョイント部の汚れを拭く際に使用します。水分の吸収率が高く、汚れもよく取れます。洗濯しても性能は変わりません。 吸水性がよく管体内面の水分や汚れをきれいに取り除きます。


▲メンテナンスのメニューへ戻る


楽器表面を磨く(拭き上げる)(演奏後)

1.管体及びキイについた指紋や油分・汚れをポリシングクロス・トレシー等の柔らかい綺麗な布でふき取ってください。
2.変色が気になる場合はシルバークロス等で磨いてください。

※キイの指紋等をふき取る・キイを磨く時は力を入れすぎないよう注意してください。また、バネやタンポに引っかからないように気をつけてください。
※シルバークロス、ポリッシュ等をお使いになる際は木部に触れないようご注意下さい。

ヤマハ
・ポリシングクロスDX M
ヤマハ
・ポリシングクロス M
ヤマハ
・シルバークロス M
超極細繊維使用の高級クロスです。 管楽器の艶出しに適した柔らかくきめ細かいクロス。 シルバーポリッシュ加工をしてあるクロスです。銀及び銀メッキの楽器表面の変色や汚れをとり、きめ細かな美しい光沢がでます。
※銀メッキ仕上げまたは銀以外には使用しないでください。

ヤマハ
・プロクリーニングクロス S/M
TORAY
・トレシークロス M
ヤマハ
・シルバーポリッシュ(銀メッキ用)
セーム皮を思わせる高品質素材。油分やミクロ単位の汚れもすっきり取り、優れた吸水性を持っています。 東レの誇るファインテクノロジーによる、超々極細繊維をミクロスポンジ状にしたハイタッチの楽器クリーナーです。洗濯すれば性能が元に戻ります。 ポリシングガーゼやポリシングクロスに染み込ませて磨くと変色がとれて光沢がでます。
※銀メッキ仕上げまたは銀以外には使用しないでください。
・ギャラックス 
クリーンコートシルバー(銀メッキ用) 定価¥840
汚れや黒ずみをとるだけでなく、楽器の表面をフッ素被膜で保護し1回の使用で長時間光沢を保てます。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




オイルを注す(2〜3ヶ月に一回)

キイポストとキイパイプが擦れ合う部分に少量(1滴)注し、キイを動かしてなじませます。その後余分なオイルをトーンホールクリーナー等でよくふき取ってください。

※キイオイルを注す際、絶対にコルクやフェルト・タンポに付着しないよう注意してください。

ヤマハ
・キイオイル(L/M/H)
ヘッドマン
・ライトキイ/ミディアムキイ
ヤマハ
・トーンホールクリーナー
キイの動きを良くし、雑音を防ぎます。また、キイパイプなどの回転部の磨耗を軽減します。ピッコロ・フルートはLをお使いください。 キイの動きを良くし、雑音を防ぎます。また、キイパイプなどの回転部の磨耗を軽減します。キイパイプ等の回転部の磨耗が少ない楽器・新しい楽器はライトキイを、回転部がある程度磨耗している楽器はミディアムキイをご使用ください。 トーンホールやキイの細部のクリーニングに最適です。中に針金が入っていますので使用する際は楽器に傷をつけないように気をつけてください。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




反射板の位置を確認する(2〜3ヶ月に一回)

クリーニングロッドの穴の開いてない方を頭部管に差し込み、ロッドの線がマウスホールの中央に来ているか見てください。左右にずれている場合は調整に出してください。
場合によっては頭部管に入っているコルクが古くなり、緩んでいる事があります。その時はコルクの交換の修理に出してください。

ヤマハ
・クリーニングロッド(ピッコロ用)
管内の水分や汚れをふき取る際にガーゼ等を巻きつけて使用します。また、反射板の位置を確認する際に使用します。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




細かい部分を掃除する(2〜3ヶ月に一回)

キイと管体の間や細かい隙間にホコリが溜まってきたらトーンホールクリーナー等でホコリを掃う事をお勧めします。

※トーンホールクリーナーを使う際はなるべく二つに折ってご使用ください。そのまま使うと管体を傷つける恐れがありますので注意してください。
※タンポやフェルトなどを傷めないよう注意してください。

・ヤマハ
トーンホールクリーナー
トーンホールやキイの細部のクリーニングに最適です。中に針金が入っていますので使用する際は楽器に傷をつけないように気をつけてください。


▲メンテナンスのメニューへ戻る