管楽器専門店 カワウチ楽器(株)BANDPIT Kawauchi-musical instrument.

| サイトマップ | 会社概要 | お問い合わせ | 特定商取引表示 





ローターにオイルを注す(演奏前/後)

1.抜差管を抜いて、レバーが下にくるように管体の向きを変えローターオイルを直接ローターに注します。
2.レバーを何回か動かして、ローターオイルを全体になじませます。

※抜差管を抜くときはレバーを押した状態で抜きましょう。
※抜差管の内側に付着しているゴミやグリスがオイルと一緒にローターの中に流れてしまうと、 動きが悪くなることがありますので注意しましょう。ヤマハのローターオイル用ノズルを使うと、簡単に直接ローターにオイルを注すことができます。

ヤマハ
・ローターオイル
・ローターオイル用ノズル
ヘットマン
・ライトローター
・ローター
ホルン、ロータリーチューバ等のローター部分のコンディションを保つためのオイル。
ノズルはヤマハのローターオイルに取り付けて使うことができます。抜差管内面に触れずに直接ローターへ注油できます。
<ライトローター>
比較的新しい楽器のバルブやセイヤーバルブなどの大型ロータリーバルブのオイルです。素早いバルブアクションを得られます。
<ローター>
ローターとバルブケーシングを保護。ロータリーバルブシステムの錆を防ぎます。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




管内に溜まった水分を抜く(演奏後)

1.抜差管を抜いて中に溜まった水分を出します。
2.管内に溜まった水分を出すために、息の流れと逆流するように楽器全体をゆっくりぐるぐるまわして、チューニング管を下にもっていきます。そしてチューニング管を抜き、水分を出してください。
3.出しきれなかった水分を出すために、さらに1〜2回楽器をまわし、ベルからも水分を出してください。

※抜差管を抜く時はレバーを押した状態で抜いてください。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




楽器表面を磨く(拭き上げる)(演奏後)

表面をポリシングクロス等で拭きます。汚れが目立つ場合は下記のお手入れ用品を併用して使ってみましょう。

ヤマハ
・ポリシングクロス(DX)M/L
ヤマハ
・ポリシングクロス M/L/LL
ヤマハ
・シリコンクロス M/L
ヤマハ
・メタルクロス M/L
超極細繊維使用の高級クロスです。 管楽器の艶出しに適した柔らかくきめ細かいクロス。 楽器表面の変色や汚れを取り、表面に防錆被膜をつくり美しい光沢がでます。 ニッケルメッキ、真鍮(ノーラッカー)の楽器表面の変色や汚れを取り、美しい光沢がでます。
※ニッケルメッキ仕上げや真鍮の地肌以外には使用しないでください。

Now Printing
TORAY
・トレシークロス M/L
ヤマハ
・プロクリーニングクロス M/L
ヤマハ
・ラッカーポリッシュ(ラッカー仕上げ用)
ヤマハ
・メタルポリッシュ(ニッケルメッキ、真鍮用)
ギャラックス
・クリーンコート
東レの誇るファインテクノロジーによる、超々極細繊維をミクロスポンジ状にしたハイタッチの楽器クリーナーです。洗濯すれば性能が元に戻ります。 セーム皮を思わせる高品質素材。油分やミクロ単位の汚れもすっきり取り、優れた吸水性を持っています。 楽器表面の汚れを落とし、光沢がでます。ポリシングガーゼやポリシングクロスに染み込ませて使います。
※ラッカー仕上げ以外には使用しないでください。
研磨力の強い研磨剤。ポリシングガーゼやポリシングクロスに染み込ませて磨くと光沢がでます。
※ニッケルメッキ仕上げや真鍮の地肌以外には使用しないでください。
汚れや黒ずみをとるだけでなく、楽器の表面をフッ素被膜で保護し1回の使用で長時間光沢を保てます。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




抜差管の水分・汚れをとる・グリスを塗る(週に一回)

1.クリーニングロッドの先端の穴にガーゼの端を通し、クリーニングロッドに巻きつけてください。
2.ガーゼを巻いた方向にロッドをゆっくり回しながら管に差し込んで、抜差中管・外管の内側の汚れを取ります。
3.抜差管にスライドグリスを塗ってください。その後抜差管を数回動かし、スライドグリスをなじませてください。

※クリーニングロッドが金属のものは、先端の金属の部分が出ないように気をつけて巻きましょう。金属部分が出ているまま使用すると管内に傷をつくってしまうことがあります。

ヤマハ
・クリーニングロッド(金管用)S/MS
ヤマハ
・ポリシングガーゼ  (S)
このロッドにガーゼを巻いて管内を掃除することができます。
S…マウスパイプや抜差管の内面クリーニング
MS…バルブケーシングや抜差管のクリーニング
吸水性がよく管体内面の水分や汚れをきれいに取り除きます。管内のクリーニングだけでなく、各ポリッシュと併用して楽器表面の艶出しにも使えます。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




マウスピースのクリーニング(週に一回)

水でぬらしたマウスピースブラシにブラスソープの水溶液(ブラスソープ1:ぬるま湯15)、もしくは中性洗剤を含ませ、スロートに通して、ブラシを前後して汚れを落とし、よく水で洗い流してください。

ヤマハ
・マウスピースブラシS(Tp・Hr等) 
ヤマハ
・ブラスソープ
マウスピースの内側の汚れをとるブラシです。天然毛を使用。 管内の汚れを洗浄する中性洗剤です。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




ローター周辺のメンテナンス(週に一回)

1.ロータリーバルブのキャップを外し、ローターの軸と内ぶたの隙間にスピンドルオイルを注します。
2.ローターの回転軸と軸受の隙間にもスピンドルオイルを注します。
3.レバー部分の、レバー支持台とパイプが接している部分にレバーオイルを注します。
4.レバーがボールジョイントの場合は、ボールの部分にボールジョイントオイルを注してください。

※ヤマハのオイル用ノズルを使うと、狭い隙間にも簡単にオイルを注すことができます。
※それぞれ注油後、レバーを動かしてオイルをなじませます。はみ出したオイルはガーゼなどできれいに拭き取りましょう。

ヤマハ
・ロータースピンドルオイル
ヤマハ
・レバーオイル
ヤマハ
・オイル用ノズル
ヘットマン
・ライトベアリング
ヘットマン
・ボールジョイント
サビ・磨耗を防ぐ、ロータリーバルブ軸受け部専用オイル。
ローター軸の動きをスムーズにし、ノイズを防ぎます。
サビ・磨耗を防ぐ、ローターレバー軸部専用オイル。
レバーアクションのスムーズな動きとノイズ音を防ぎます。
少量のオイルを注入しやすくします。キイオイル、ロータースピンドルオイル、レバーオイルに使えます。 新しい楽器のスピンドル、ベアリング部分の潤滑、防錆、保護まで考慮したオイル。長時間演奏しない状態でも効果が持続します。 レバーがボールジョイントアクション用のオイル。スピンドル、ベアリングで発生する金属疲労部分を保護します。またレバーオイルとしてローターレバーやウォーターキイなどの錆びやすい金属の接続部分にも使用できます。(少量で効果があります)


▲メンテナンスのメニューへ戻る




ウォーターキイにオイルを注す。(月に一回)

ウォーターキイの軸と台座が接している隙間にオイルを注します。

※はみ出したオイルはガーゼなどできれいに拭き取りましょう。

ヘットマン
・ボールジョイント
ヤマハ
・レバーオイル
ヤマハ
・オイル用ノズル
スピンドル、ベアリングで発生する金属疲労部分を保護するオイル。またレバーオイルとしてローターレバーやウォーターキイなどの錆びやすい金属の接続部分にも使用できます。(少量で効果があります) 錆、磨耗を防ぐローターレバー軸受けの専用オイル。レバーの動きをスムーズにしノイズの発生を防ぎます。またウォーターキイバネにも使用できます。 少量のオイルを注入しやすくします。キイオイル、ロータースピンドルオイル、レバーオイルに使えます。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




楽器表面の細部をクリーニング(月に一回)

ガーゼや幅5ミリ程度にポリシングクロスをカットしたもの、又はトーンホールクリーナーを使いケーシングとケーシングの間や抜差管の間などの細かいところの掃除をしましょう。
汚れがひどい場合はヤマハスリムクロスをお勧めします。

※トーンホールクリーナーの金属の芯が露出していると、管体表面を傷つけてしまうので注意しましょう。トーンホールクリーナーは唾抜きの穴の掃除には伸ばしたまま、それ以外の箇所には折り曲げて使いましょう。

ヤマハ
・ポリシングガーゼ(S)
ヤマハ
・トーンホールクリーナー
吸水性がよく管体内面の水分や汚れをきれいに取り除きます。管内のクリーニングだけでなく、各ポリッシュと併用して楽器表面の艶出しにも使えます。 トーンホールやキイの細部のクリーニングに最適です。中に針金が入っていますので使用する際は楽器に傷をつけないように気をつけてください。


▲メンテナンスのメニューへ戻る




管内を洗浄する(半年に一回)

1.全ての抜差管を抜き、付着しているオイルやグリスを、ガーゼとクリーニングロッドを使い拭き取ります。
2.フレキシブルクリーナーの先端にブラスソープの水溶液(ブラスソープ1:ぬるま湯15)を含ませます。
3.抜差管内にフレキシブルクリーナーを通して洗って下さい。
4.洗い終わったら、汚れとブラスソープを水で洗い流して下さい。
5.クリーニングスワブを管内に通し、中に残った水分をとって下さい。
★管内洗浄をすると中の汚れがなくなり吹奏感が変わることがありますので本番前の洗浄は控えましょう。 また、洗浄の際に手をすべらせて楽器を落としてしまう危険性もありますので十分に注意してください。心配な場合は当店にお持ちください。
※ロータリー部分の洗浄は、ロータリーユニットを分解する必要があるので、ロータリーの洗浄をする場合は当店にお持ち下さい。
※クリーニングロッドが金属のものは、先端の金属の部分が出ないように気をつけて巻きましょう。 金属部分が出ているまま使用すると管内に傷をつくってしまうこともあります。

ヤマハ
・フレキシブルクリーナー S
ヤマハ
・クリーニングロッド(金管用)S/MS/M
ヤマハ
・ブラスソープ
ヤマハ
・ポリシングガーゼ(S)
ヤマハ
・クリーニングスワブ (Hr抜差管用)
・クリーニングスワブ(Hrマウスパイプ用)
自在に曲がるので曲管の内面の掃除に最適です。 このロッドにガーゼを巻いて管内を掃除することができます。
S…マウスパイプや抜差管の内面クリーニング
MS…バルブケーシングや抜差管のクリーニング
M…ユーフォニアムやチューバの大型楽器
管内の汚れを洗浄する中性洗剤です。 吸水性がよく、管体内面の水分や汚れをきれいに取り除くことができます。 汚れや水分による腐食を防ぎ楽器を長持ちさせます。演奏後にお使いください。
※メーカーやモデルによっては使用できないものもあります


▲メンテナンスのメニューへ戻る