カワウチ楽器 音楽教室Q&A

よくあるご質問とその回答です。
お問い合わせになる前に、まずこちらをご覧ください。

赤りんごコース
・2歳児になぜ「音楽」が必要なのでしょう?
・言葉が、まだちゃんと話せないけれど大丈夫でしょうか?
・お友達とまだ上手に遊べないけれど大丈夫でしょうか?
おんがくなかよしコース
・今3歳ですが「おんがくなかよしコース」と「ピアノの個人レッスン」どちらを始めたらよいでしょうか?
幼児科
・保護者は同伴なのですか?
・幼児科よりピアノ科に入った方がよいのでは?
・うちの子が他のお友達と仲良くできるか不安です
・転勤になってしまったら
グループレッスン
・グループレッスンの特長はなんでしょう?
・保護者が一緒のメリットは?
大人のピアノ
・音符も読めないのに弾けるようになりますか?


ぷっぷるクラス

2歳児になぜ「音楽」が必要なのでしょう?
 2歳児は“スポンジのようにものごとを吸収する時期”と言われるように、体験するあらゆる出来事が、その子の性格形成と結びついていきます。好奇心も旺盛になり、行動範囲を広げてあげる事に大きな意味が出てくるので、外での体験も大切にしてあげたいものです。
 ヤマハの「ぷっぷるクラス」なら、親子で、グループで、思いっきり身体を動かしながら音楽を楽しめますので、五感への刺激もたっぷり。「親子で元気!」を、ヤマハは音楽で応援します!
言葉が、まだちゃんと話せないけれど大丈夫でしょうか?
 そういうお子様もいらっしゃいますが、聴く耳は確実に育っています。歌詞の気に入ったフレーズを繰り返し歌っているうちに覚えていくこともありますから心配はいりません。
お友達とまだ上手に遊べないけれど大丈夫でしょうか?
 この年齢はまだ無理もありません。今まで家の中では自分が中心だったお子様も少なくないからです。音楽を通してリズムに合わせ、一緒に歌ったり踊ったりしていくうちに心も打ち解けていきます。また同年代のお友達との集団生活の楽しさを実感することで、これから迎える幼稚園生活にも親しみを感じるようになります。
「ぷっぷるクラス」ってどんなことをするのですか?
 音楽やリズムに敏感に反応するこの年齢のお子様の持っている物を最大限に引き出せるようにヤマハの教材は全曲オリジナルで工夫されています。また先生の生演奏を聴いて親子で感動を分かち合いながら、お子様の豊かな感受性が育っていきます。そして大好きなぷっぷるちゃんやお友達、先生に会うことを楽しみになり、音楽を通したくさんの事を学んでいきます。

おんがくなかよしコース

今3歳ですが「おんがくなかよしコース」と「ピアノの個人レッスン」
どちらを始めたらよいでしょうか?
 楽器を弾くということを考えるとき、私たち大人はつい「指が早く動くかどうか」「楽譜がちゃんと読めるかどうか」といったことを考えがちですが、ヤマハでは「弾く」ということを、それらの能力に限定して考えていません。むしろ「今弾いている音は、自分がイメージしている音に見合っているだろうか」といったことを、耳でよく聴きながら弾ける能力を育てたいと考えています。
 レッスンでは、さまざまな音楽を聴きその音楽から受けたイメージを心に大切に宿しながら、1人1台のエレクトーンを使って音を鳴らします。こうした体験で身につくのが音楽表現においてとても大切な“気持ちを込めた演奏ができる”という能力の“もと“となっています。
 このことは「おんがくなかよしコース」以降、ヤマハの「幼児科」や「ジュニア科」で音楽を続けていったとき“その子ならではの個性あふれる演奏”となって、習い続けた成果となります。ですから「おんがくなかよしコース」をお薦めするのです。

幼児科

保護者は同伴ですか?
 保護者の方も一緒に音楽を楽しんでくださるようお願いしています。(ぷっぷるクラス、おんがくなかよしコース、幼児科のみ)

 あわただしい日々の生活の中でお子様はヤマハに来ているときは100%自分に目を向けてもらっているという、満足感・安心感があります。
また、家に帰ってからも、ご一緒にその日のレッスンを思い出しながら音楽のある素敵な時間を過ごせます。

幼児科より最初からピアノ科に入った方がピアノの上達は早いのでは?
 ヤマハは伸びる時に伸びる力を学習能力に合わせて育むという考え方ですので、決してピアノの上達を遅らせることはありません。
うちの子はわがまま(内気)なので、他のお友達と仲良くできるかどうか不安なのですが…
 大丈夫です。ヤマハのカリキュラムは、お子様が退屈しないように考えられていますので歌唱やリズム遊びや演奏体験を重ねるうちにきっと目の輝きがかわってくると思います。また、他のお友達と刺激しあったり、レッスンでお友達に会えることも楽しみのひとつになっていきます。
 音楽の好きな感性豊かなお子様に育っていく中、協調性や社会性も育んでいけます。
入会してから転勤になってしまったら?
 ご安心ください。全国どの会場でも同じテキストを使っています。転居先の近くにあるヤマハをご紹介いたしますので、レッスンを継続して受けていただけます。

グループレッスン

グループレッスンの特長はなんでしょう?
 子どもにとって、お友達から受ける刺激は、先生やお母さんから受けるものと同じくらい重要です。
 お友達と一緒に歌ったり弾いたりということはもちろん、「お友達の演奏を、見たり聴いたりして『考える』」といった体験はグループレッスンだからこそ得られるものです。
 また、一つの曲をみんなで仕上げていくアンサンブルも「連帯感」や「社会性」を磨くのに適しています。集団の中で自分に与えられた役割を果たすという「責任感」など、音楽を通じて心身を発達させていくレッスンになっています。
保護者が一緒のメリットは?
  4〜5歳という年齢は、何か新しいことをするにはとても勇気が必要です。そんな時、お母さんが側にいて見守ってくれていると、子どもは安心してレッスンができるのです。また、子どもは大人のすることに、とても興味を持ちます。お母さんが楽しそうにレッスンに参加していると、「これは楽しいことなんだ。私も楽しもう」というように、積極的に音楽に取り組む気持ちが育つのです。
 そして、お子様はヤマハに来ている時、100%自分に目を向けてもらっているという、満足感・安心感を持つのです。
 幼児科では保護者の方の存在はとても重要です。

ピアノ科

ずっとピアノに憧れてはいたけれど音符が読めません。
こんな私でも弾けるようになりますか?
 弾けるようになります。大人の方は、そういう方がほとんどです。「ずっと弾けるようになりたかった」そのあこがれの気持ちが大きかった分、一生懸命練習される方が多いのでメキメキ上達して、好きな曲が弾けるようになり大変満足されています。

Copyright © 2003-2014 Kawauchi-musical instrument. All rights reserved.